院長挨拶

院長あいさつ

楠本大貴挨拶

はじめまして。楠本整体院院長の楠本大貴です。

 

私が今まで施術してきた、ほとんどの患者さんは過去に整形外科や、整骨院、整体に通っていたのに症状が改善しなくて悩んでいました。

なぜ、通い続けたのに改善しなかったのでしょうか?

答えは簡単です。
本当の原因に対したアプローチをしていないからです。

整形外科でシップと痛み止めの飲み薬、整骨院で電気をあてて、5分マッサージ、バキバキと痛い矯正、そしてまた別の整形外科へ・・・

今度は少しいいかな?と思ってもまた同じ結果…

痛み止めを飲み続け、シップを貼り続けていると、どんどん体が壊れていく。

こんなことが、あなたの身体で起こってきます。

本気で治したいと思っているあなたはこんな未来を望んでいるわけではないはずです。

来院時は苦痛な表情で痛みを堪えている患者さんの
痛みを取り除き、帰るころには、笑顔で帰っていただきたい。

 

これが私の強い思いです。
私はこれまでどこに行っても何をしてもよくならない
あなたの身体のためだけに、現代医学で考えられる最高の治療を行っております。

あなたの願いが叶った喜びが、私の唯一の喜びです

私が治療家になった理由

少年野球

私が【治療家になろうと思った理由】を簡単に説明します。

小学校3年生から地元の少年野球チーム【あいづクラブ】に入り、少年野球では4番打者として活躍しました。

その後、高雄中学校では陸上部に入り、キャプテンを任されました。中学生の時に少し野球から離れましたが、高校から野球を再開しました。

高校1年生の春、重くて硬い硬式球を投げすぎた事により、【野球肩】になり、ボールが投げれない日々を経験しました。

来る日も来る日も外野のフェンス際をランニングするだけの日々、転がって来たボールをまともに返球すらできない悔しさ、この時の悔しさ・みじめさは今でも忘れません。

この時の私のように、【痛みで大好きなスポーツが出来なくなる方を一人でも少なくしたい】との思いで、治療家になる道を選びました。

そして、高校3年生の春、勉強するなら一番の所で勉強したいとの思いから、当時、【鍼灸会の東大】と言われていた明治鍼灸大学に入学しました。

大学時代は、教授の先生方と非常に多くの時間を共有させていただくことにより、社会人としての礼儀を学びました。

大学時代からは硬式テニスを始め、今でも休みの日には、文里のテニスコートや田辺スポーツパークで汗を流しています。

大学卒業後は、姉妹校である明治東洋医学院専門学校の夜間部に編入し、朝から夕方までは藤井整形外科で修業をしながら夜は専門学校に通いました。

土曜日の夜は老人ホームで夜勤もしていたため、週休0日で修業をしました。

疲労の蓄積により、帯状疱疹が出来たり、血を吐いたりもしましたが、この経験が現在も多くの場面で役にたっております。

この時、当初から考えていた開業を決意し理想の施術を追求し、どこに行っても良くならない方を一人でも少なくしたいとの思いから、2015年12月、地元和歌山県田辺市に楠本整骨針灸院を開業しました。

開業当初から現在も変わらず、私の目指すところはどこにいってもよくならない方の

【”最後の砦”となる事】です。

そして「楠本先生に診てもらえばなんとかしてくれる」

あなたのそんな存在であり続けたいと心から思っています。

これからもさらに良い技術を追求し、田辺市から体の不調で悩む方を無くしたいと本気で思っております。

どうぞ末永くご愛顧よろしくお願い致します。

AKA博田法 和歌山

私の治療に対する考え方

AKAセミナー写真

AKA治療 AKS治療

『私は症状の根本的な原因が改善し、再発しない体づくりを第一に考えて治療しております。』

私は治療の本質というものを常に大切にしております。
そこで治療の本質とは何か?
それは患者様を自分の大切な存在と思って治療に当たることです。
当院と縁あってご来院いただいた方々は皆さん、私に大切なお身体を委ねてくださっている事になります。本当に大切な方だから最適な治療法、明確な治療期間、最善の治療計画をしっかりとお伝えします。

私は今まで一人でも多くの方の症状を改善させたいという一心でたくさんの技術セミナーに参加しました。それは今も変わらず、より良い治療の提供、新しい情報を発信できるように日々、勉強に励んでおります。
軽度の症状なら、病院で湿布の処方やマッサージといった方法で改善される方もいらっしゃるでしょう。しかし、それだけでは改善されない方々も多くいらっしゃいます。
私は症状のみを取り除く治療は基本的に行っておりません。症状だけを一時的に取るのは根本的な改善になっておらず、また同じ症状を繰り返したり、時間の経過とともに症状や問題点をさらに悪化させることになりかねないからです。

痛み止め・ブロック注射・そして安易な手術という選択

これらを繰り返していくと、最後には大きな病気や症状を引き起こします。

私は、『私を信頼していただいた方、全員を笑顔にしたい』

本気でそう思っております。

どこに行っても何をしても良くならない方を1日も早く救いたい。

もし、本気で自分の体と向き合い体の根本からの改善をご希望であれば、楠本整体院へお越しください。必ず、あなたの支えになり、お役に立てることをお約束致します!

幸せな未来に向けての第一歩を踏み出しましょう

私が患者さんを治療するうえで一番大切にしている事

それは、

『一人一人の方に、真剣に向き合い、常に最高の治療を行う事』

これは、治療家として当然の事だと私は思っております。

 

休日には、治療技術を磨き続け、現在では全国各地の治療家へ、最高峰の治療技術を教えにも行っております。

 

私は常に最高の状態で、あなたをお待ちしております。

必ずあなたのお役に立てます。

一緒に頑張りましょう。

治療技術講習