野球肘に悩んでいる野球少年のお父さん・お母さんへ

こんにちは。

『ひとりでも多くの人の、人生を変える』

和歌山県田辺市の根本治療専門院

楠本整骨針灸院・整体院の楠本大貴です。

04

あなたのお子様は今、野球をして肘を痛めていませんか?

 

少年野球で肘を痛めてしまうと、

お子様が大好きな野球を嫌いになってしまうかもしれません。

 

さらに、高校野球や大学野球・プロ野球を本当なら目指せた才能があるかもしれません。

 

少年野球で肘を痛めてしまう選手は100%の確率で、

正しいフォームで投げる事が出来ていません。

 

しかも、実は野球の指導者も正しい投球フォームが分かっておりません。

 

正しくないフォームで投球を繰り返した結果、

肘や肩に負担が掛かってしまい、

大好きな野球を楽しめなくなってしまう選手が非常に多いです。

 

私も、高校まで全力で野球をしていました。

そして、高校1年生の時には肩の痛みも経験しました。。

 

DSC_1572

 

私は、高校卒業後から医療の道に進み、

非常に多くの現場での経験や、研究を行って来ました。

 

そして、今では肘を痛めない、投球フォームを指導する事が出来ます。

 

当院では、痛みを早く解消していく治療はもちろんの事、

痛みを再発させない投球フォームの指導にも力を入れております。

 

間違った投球フォームを改善しない限り、

痛みだけを解消しても、いずれまた痛みに苦しむことになってしまいます。

 

私は、絶対に野球少年たちが、肘や肩の痛みで野球を諦めて欲しくはありません。

 

痛みを我慢して投げ続けてしまい、

骨がはがれてり、骨にトゲが出来てしまったりしたら、

もう元には戻りません。

 

これくらいの痛みなら大丈夫だろう

 

という、油断が一生を左右してしまう事もあります。

 

まずは、どんな事でもご相談ください。

 

野球少年の未来は私が守ります。

 

野球画像

肘の痛み(野球肘・テニス肘)について詳しくはこちら

肘の痛み(野球肘・テニス肘)

この記事に関する関連記事