急に腰が痛くなった時の自宅での対処法

こんにちは。

『現代医療の常識を覆し、一人でも多くの人の人生を豊かにする』

和歌山県田辺市の根本治療専門院

楠本整骨針灸院・整体院の楠本大貴です。

07

今回は、最近非常に多くなっている

『ぎっくり腰』・『急な腰の痛み』

になってしまった場合に自宅でできる対処法をお伝えします。

 

神経1

 

朝晩の冷え込みが強くなってきたこの時期に、

特にぎっくり腰は起こりやすくなってきます。

 

足元のごみを拾おうとしたり、イスから立ち上がろうとしたときに、

腰が『コリッ』となったり、『ピキッ』となったりして、

その後、じわじわ腰の周りが痛くなっていき、

数分後には、まともに腰を動かすことが出来なくなることも多いと思います。

 

もし、ぎっくり腰になってしまった場合は、

1番いいのは、私のところに出来るだけ早く来ていただくことですが、

 

仕事の都合や、家庭の都合等で、なかなか治療に来れない方も多いかと思います。

 

そんな場合に、まず自宅で行っていただきたいことは、

 

『出来るだけ安静にして、痛みのある場所をどんどん冷やしてください』

 

ここで注意していただきたいことは、

冷シップを貼っても、意味ないので冷シップは貼る必要はありません。

 

なぜかというと、冷シップは冷たく感じる成分が入っているだけで、

実際に、痛みのある部分を冷やす作用はないからです。

 

痛みのある部分を冷やすためには、

氷水をビニール袋に入れて、タオルで包んで、

痛いところに当ててください。

 

そして、まずは冷たさを感じなくなるまで冷やしてください。

 

ぎっくり腰は、腰の炎症です。

 

その炎症をまずは引かせましょう。

 

強い痛みがなくなるまで、2・3日は冷やしてください。

 

強い痛みがなくなったら、今度はお風呂や温泉などで

どんどん温めてくださいね。

 

適切な治療を行わずに、自宅でぎっくり腰を治そうと思ったら、

完治?まで最低2週間くらいは覚悟する必要があります。

 

 

ここで、一つだけ注意が必要なことがあります。

 

ほとんどのぎっくり腰の根本原因は、

腰の関節の動きの悪さが1番の原因です。

 

その関節の動きの悪さは、最適な治療を行わない限り、

良くなることはありません。

 

つまり、今回のぎっくり腰がよくなっても、痛みの根本原因を改善しておかない限り、

またそのうちにぎっくり腰を再発させてしまうことになります。

 

また、ぎっくり腰を自宅で治療しようと思った場合、2週間程度かかる物が、

私のところに来ると、数日で完治できます。

 

あなたの体はとても大切で、価値が高いものだと思います。

 

ここまで読んでいただいたあなたには、

あなたの体をいつまでも大切にしていただきたいと思っております。