ぎっくり腰のセルフケア方法

和歌山県田辺市の腰痛専門治療院

楠本整体院の楠本大貴です。

 

本日は、

現在、非常に多くなっている

“ぎっくり腰”

に、なってしまった場合に

自分でできる

セルフケアの方法について

お伝えします。

 

本日の内容を

きちんと実践していただくことで、

早期にぎっくり腰を解消し、

今後の再発まで防ぐことができますので、

最後まで、

ご覧になり、今すぐ実践してください。

 

まず、

ぎっくり腰になってしまったら

1・できるだけ安静にする

2・ビニール袋に氷水を用意する

3・そのビニール袋をハンドタオルで包む

4・うつぶせの状態で、20分間氷水で冷やす

5・1時間程度安静に休む

6・20分間氷水で冷やす

7・1間程度休む

 

痛みが出た初日は

これをできる限り多く繰り返してください。

 

そして

痛みが出だしてから2日間は

絶対にお風呂で温めないでください。

 

また

痛みが出た日から3日後以降は

徐々にお風呂で温めるようにしてください。

 

そうすることにより、

ぎっくり腰は比較的早く

解消することができます。

 

治療院に行く時間がない方は

今回お伝えした方法を是非

実践してください。

 

しかし

・1日も早く辛い痛みを解消したい

・ゆっくり休んでいる余裕がない

・きちんと痛みがでた根本原因から解消し、今後はぎっくり腰にならない体を作りたい

 

こうお考えの方は

ぜひ、楠本整体院へ

今すぐご連絡ください。

 

ぎっくり腰は

当院で非常に早期に解消することができます。

 

治療は

全く痛みがない

非常に優しい治療ですので

安心してご来院ください。