野球部で腰や肩が痛い方へ

こんにちは。

 

和歌山県田辺市の整体院

楠本整骨針灸院・整体院の楠本大貴です。

 

今日は

“野球を頑張ってる学生さん”

に向けてこのブログを書いております。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

・腰が痛い

・肩が痛い

 

でも監督さんやコーチには内緒にしたい。

 

1日も早く

今の痛みを治したい。

 

そんな風に考えてませんか?

 

 

私も少年野球から高校野球まで

全力で行ってきた元球児です。

 

 

痛いのが監督にばれないようにしたい。

 

そう思ってますよね。

 

 

バレたらレギュラーから外されてしまう。

 

バレたらみんなと同じ練習ができなくなる。

 

 

だからできるだけ隠したいですよね。

 

 

私も高校1年の時に肩を痛めました。

 

 

その時、なんとかバレないように・バレないように

 

と工夫しましたが

 

外野を守っていたこともあり

結局ノックの最中にバレてしまい

 

それから1か月ほど

別メニューの練習となりました。

 

 

みんなが

楽しそうに練習してる中

 

自分は外野のフェンス沿いを走ってるだけ・・・

 

 

目の前に転がってきたボールを

守っていた選手に投げるのもまともに投げられず

 

下から転がしました。

 

 

 

その時、本当につらくて

 

今思い出しても涙があふれてくるほどです。

 

 

 

この記事を読んでるあなたも

 

もしかすると

同じような思いで悩んでるかもしれませんね。

 

 

私はあなたの痛みを治すことができます。

 

 

全国でもトップレベルの治療を

あなたに提供することができます。

 

 

あなたには

1日も早く痛みのない体で

 

楽しく野球をしてほしい

 

全力で活躍してほしい

 

私はそう思っております。

 

 

5月・6月になると

私のところに高校球児が多数

痛みを抱えて来院されます。

 

 

それはなぜか?

 

 

それは夏の大会までに

どうにかして痛みを治したい。

 

 

そんな思いで

5月後半から6月にかけて来院されます。

 

それも、かなり重症な状態で・・・

 

 

 

多少の時間的余裕があれば

どんな重症の症状でも回復させることができます。

 

 

しかし、

全く時間がない状態

3日後までに・・・

1週間後に・・・

 

という状況では

重症な症状は残念ながら回復できないかもしれません。

 

 

しかし3月・4月の段階であれば

 

十分に治すことが可能です。

 

それも、

もとよりもいい状態まで回復させることが可能です。

 

 

どうしても

練習を休めない・・・

休日には試合がある・・・

 

ということは

十分に理解しております。

 

数週間に1度でも1時間程度の時間を確保していただくことで

 

痛みのない体で

野球を全力で楽しめるようになります。

 

 

ぜひ私と一緒に

痛みのない体を作っていきましょう。

 

あなたとお会いできることを

楽しみにしております。

 

元高校球児

楠本大貴

椎間板ヘルニア専門治療について詳しくはこちら

椎間板ヘルニア専門治療

この記事に関する関連記事